高知病院附属看護学校



自己点検・自己評価

重点課題

1)臨地実習においてルーブリック評価を完全導入する。
2)防災教育の充実を図る。


実施及び評価

1)臨地実習においてルーブリック評価を完全導入する。

 

(1)

平成29年度の取り組み
① 精神と統合を除く領域については、ルーブリック評価を導入した。

  • 導入するにあたり、毎週金曜日1〜2時間をルーブリックの検討する時間に充てたが、1つのルーブリックの検討に時間を要し、最後は各担当教員が最終完成の責任を持つ形となった。
  • 指導者会議では、全体説明を行った後領域ごとに担当教員が質疑応答に応じながら、ルーブリックの詳細の説明を行った。また、病棟でのルーブリック学習会や指導者がスタッフに説明する際に、依頼に応じて実習担当が出向いて説明サポートを行った。
  • 母性領域においては、実習開始後学習活動の表記や評価基準の内容について指導者から意見があり早急に見直し修正を行った。
  • 記録用紙が無くなったことで、学生のアセスメントの内容が見えにくいとの意見も聞かれたが、学生のノートを教員が提示しながら指導者と確認を行っている。

≪残された課題≫

●臨地実習におけるルーブリック評価を見直し、
精度を向上させる。

2)防災マニュアルの内容の充実と実践への取り組み

 

(1)

平成29年度の取り組み
① 防災訓練の定期的な実施(奇数月実施)

  • 奇数月のミニ防災訓練を計画していたが、準備と打ち合わせが間に合わず実施できない月もあった。
    6月:防災訓練(学生・教職員)、7月:防災訓練(学生・教職員)、11月:机上訓練(教員)アクションカードの活用と見直し、3月:(学生1学年)病院の防災訓練に参加

② アクションカードの見直し・修正は行ったが、防災マニュアルについては見直しができていないため学生への配布が遅れている。

③ Web171の登録については、防災担当教員からの呼びかけにより登録確認をしているが100%には至っていない。
Web171の登録実施状況は、6月93%、7月69%、8月72%、9月32%、10月60%、11月74%、12月57%であった。
学年により異なるが、少しずつ登録割合は増えてきている。

④ 個人の備蓄品(2日分の飲料水と食料品)と防災グッズは準備できているが、その他の防災関連用具は、ヘルメ ットなどのリスト抽出ができておらず早急に取り組んでいく必要がある。

≪残された課題≫

●防災訓練・防災教育を計画的、継続的に実施する。