看護記録委員会

看護の記録は毎日の看護実践をありのまま
記録に残すことが大切です。記録委員会では
監査を通して記録の質の向上に繋げることと、
短時間で効率よく記録するためにはどうしたら
よいかを考え取り組んでいます。